PCW卒業→4点杖

今回は久しぶりに歩行について書いてみようと思います。

まずは昨年ずっと練習していたPCWですが、いつのまにか卒業していました(  ̄▽ ̄)

今は療育園内の移動に使っていて、(自前でなく園のものを借りています)
方向転換も自在にできるようになったし、ハイハイの姿勢から自分で歩くポジションまで移行することもできるようになりました\(^o^)/

先生からも「簡単すぎて(息子にとっては)おもちゃだね」
と言われまして、杖の練習をすることになりました。

杖歩行について→で書いていた4点杖です。

これは何度か練習していたので、抵抗もなくスイスイと歩くことができました。

先生曰く「本当は杖がなくても歩ける能力があるので、逆に杖が歩行の邪魔になる」
と言われ、
実際4点杖の先が足に当たって転けそうになっていました。

でも、本人は何か持ってないと怖いみたいだし、少しでも前に寄りかかって歩きたいみたいです(-_-;)

多分私の勝手な判断ですが、腹筋が弱いからまっすぐ立てないんじゃないかなと思っています。

何故かというと、独歩の練習した時は必ず大量の便が出るので、かなり腹圧かかっているんじゃないかと思ったからです。

早速リハビリの先生に相談してみたら、息子に合った腹筋を鍛える方法を次回までに調べてきてくれるそうです

やったー!\(^o^)/

リハビリの先生は年配の男の先生だけど、0歳の頃から息子を見てもらっているので、一緒に育てているような感じがして頼もしいです(*´∀`)

そして最近、義母にも言われたのですが息子の足、筋肉がついてきたみたいです!

前までは太ももはしっかり筋肉ついているのに、ふくらはぎになると急に頼りなくなってきて足首まで細くなっています。

でも、連日三輪車を漕いで(蹴って)お散歩しているのが良かったのか?
ふくらはぎのマッサージをしていると筋肉がついてきているのがよく分かります。

実際に装具を着けずに両手引きで立たせてみたら、そのまま歩けたのです!!(*´∇`*)
(内旋があるのですごい内股ですが)

前までは両手掴んで立たせようとしても崩れ落ちて立てもしなかったのです。

きっと、少しだけど神経が繋がっていてくれているんですね。

本当に有り難く、感謝しかありません。

歩行については本当にボーダーラインで一喜一憂することが多すぎるけど、
これからも私なりの方法で模索していきたいと思います。


スポンサードリンク



コメントを残す